メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

強制不妊 不十分な救済法 個別通知、盛らず

 半世紀にわたって旧優生保護法下で不妊手術を強いられた障害者らへの救済法が24日、1996年の規定廃止から20年以上を経てようやく成立した。これまで人権侵害を指摘する国連機関や被害者らの声に応えてこなかった経緯から見れば大きな前進だが、被害救済や国家賠償訴訟が、これで全面解決に向かうわけではない現実がある。

 救済法成立後の24日正午過ぎ、記者会見した超党派議員連盟会長の尾辻秀久参院議員(自民)が強調したの…

この記事は有料記事です。

残り2708文字(全文2912文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  2. さくらももこさんのカメが静岡の動物園に きょうから公開
  3. 著しく低下するメイ首相の求心力 労働党への譲歩に反発 「即時辞任」圧力強まる
  4. メイ英首相が辞任表明 EU離脱巡り
  5. 滋賀の名神道で多重事故 30人以上けがか 2人意識不明 草津JCT付近

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです