メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
スリランカ連続爆破テロ

裕福な兄弟、なぜ関与 父も身柄拘束

兄弟が住んでいた3階建て邸宅=コロンボ市内で24日、西脇真一撮影

 【コロンボ西脇真一】スリランカ連続爆破テロ事件のうち、最大都市コロンボの高級ホテル襲撃には、イスラム過激派「ナショナル・タウヒード・ジャマア」(NTJ)のメンバーとみられる兄弟が関与していた。2人はコロンボの裕福な家庭で育った。その邸宅の周辺は24日も立ち入りが規制され、物々しい雰囲気に包まれている。

 兄弟はいずれも30代で、自爆テロで死亡したとみられている。父親も事件に関与した疑いで、警察に身柄を…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文599文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです