メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

首相、対中「硬と軟」 欧州歴訪 「一帯一路」けん制

 安倍晋三首相が、経済圏構想「一帯一路」をテコに世界各地で影響力を強める中国に「硬軟両様」の姿勢で向き合っている。訪問中の欧州では、投資ルールや「法の支配」の重要性を各国に訴え、中国に守るよう暗に促す。一方、首相特使として派遣した自民党の二階俊博幹事長は24日、習近平国家主席と北京で会談し、両国の関係改善を確認した。米中の対立が強まる中、日本は同盟国・米国に気を配りながら、中国との間合いを計る。【ローマ秋山信一、北京・竹内望】

 首相は24日午後(日本時間同日夜)、ローマでイタリアのコンテ首相と会談した。「持続可能な質の高いイ…

この記事は有料記事です。

残り1627文字(全文1892文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  2. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  3. 金銭受領も認める 「闇営業」吉本興業の発表全文 宮迫さん、田村さんら謹慎11人のコメントも
  4. 「出演見合わせ」「場面カット」などテレビ各局、対応に追われる 吉本所属芸人11人ら処分受けて
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです