メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第9部 りそなグループ/15 埼玉愛 県民の心つかむ

埼玉りそなが県内の食品産業向けに開いた商談会で出展者にあいさつする社長の池田一義(左)=さいたま市で2018年2月

 地元愛を描いたコメディー映画「翔んで埼玉」の大ヒットに沸く埼玉県。高いシェアを誇るのが埼玉りそな銀行だ。県民の支持の背景には、地元密着路線がある。

 2月末、埼玉りそなで食品や農業を担当する関本雅史(42)に、県農林部にいた加藤由実(56)から電話があった。「フランスに筑前煮の材料を輸出したい業者がいる」。東京都内の食品輸出会社社長の二瓶徹(47)が、パリの日本食材店から注文を受け、材料を調達したいと問い合わせてきたという。関本はさっそく埼玉県日高市の野菜加工業者「スギヤマ」を紹介することにした。

 関本は日高市でスギヤマ専務の〓山(すぎやま)光伸(45)と二瓶を引き合わせた。〓山は「対応できます…

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1178文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. 拳銃強奪容疑者、電車で逃走図る ICカード不具合で入れず
  4. 負の連鎖断ち切る 児童虐待 親支援で再発防止
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです