メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替わりへ

両陛下とわたし/6 手術直後、公務に意欲 順天堂大主任教授・天野篤さん(63)

 2012年2月18日、天皇陛下の冠動脈バイパス手術の執刀医を務めました。手術の前、皇后さまも同席の場で手術の説明をいたしましたが、陛下は「ああ」「そうね」などとおっしゃる程度で、質問はほとんどありませんでした。

 前年の検査で薬物療法を選ばれていたため、手術という一歩進んだ治療が必要になると予感されていたのでしょう。あるがままを受け入れるというか、天皇としての威厳を感じました。代わりに皇后さまが合併症の問題などを進んで質問され、陛下のお体を気遣っておられました。

 手術を終えた2日後の朝、病室へ回診に行くと、ワープロの画面が開いたままでした。翌月は東日本大震災から1年の式典への出席を控え、陛下が文章を書き留めたり、推敲(すいこう)したりなさっていたのかもしれません。公務復帰への並々ならぬ思いが伝わってきました。

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文704文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです