メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替わりへ

両陛下とわたし/6 手術直後、公務に意欲 順天堂大主任教授・天野篤さん(63)

 2012年2月18日、天皇陛下の冠動脈バイパス手術の執刀医を務めました。手術の前、皇后さまも同席の場で手術の説明をいたしましたが、陛下は「ああ」「そうね」などとおっしゃる程度で、質問はほとんどありませんでした。

 前年の検査で薬物療法を選ばれていたため、手術という一歩進んだ治療が必要になると予感されていたのでしょう。あるがままを受け入れるというか、天皇としての威厳を感じました。代わりに皇后さまが合併症の問題などを進んで質問され、陛下のお体を気遣っておられました。

 手術を終えた2日後の朝、病室へ回診に行くと、ワープロの画面が開いたままでした。翌月は東日本大震災か…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文704文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです