メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

楠章子さん=認知症の絵本が映画化

楠章子(くすのき・あきこ)さん(45)

 認知症の祖母を孫の視点からつづった絵本「ばあばは、だいじょうぶ」(絵・いしいつとむ、童心社)を2016年に出版した。10万部を超えるベストセラーになり、5月10日に映画も全国公開される。

 完成した映画を見て、自身が20年以上介護している母の多香子さん(81)への思いがこみ上げた。終盤、症状が重くなったばあばが迷子になり、一人で心細そうにさまよう姿と、母が重なった。「当事者の悲しみやつらさを感じて、認知症を理解するきっかけにしてほしい」と期待する。

 子供のころから本が好きだった。梅花女子大学児童文学科(現こども学科)で学び、1996年、在学中に毎…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文666文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. HARA 自殺未遂後初のTV出演 KARA時代のヒット曲披露(スポニチ)
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです