連載

ひと

話題のひと、ニュースのひと、そのホットな人物をエピソードと経歴を交えて紹介します。

連載一覧

ひと

楠章子さん=認知症の絵本が映画化

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

楠章子(くすのき・あきこ)さん(45)

 認知症の祖母を孫の視点からつづった絵本「ばあばは、だいじょうぶ」(絵・いしいつとむ、童心社)を2016年に出版した。10万部を超えるベストセラーになり、5月10日に映画も全国公開される。

 完成した映画を見て、自身が20年以上介護している母の多香子さん(81)への思いがこみ上げた。終盤、症状が重くなったばあばが迷子になり、一人で心細そうにさまよう姿と、母が重なった。「当事者の悲しみやつらさを感じて、認知症を理解するきっかけにしてほしい」と期待する。

 子供のころから本が好きだった。梅花女子大学児童文学科(現こども学科)で学び、1996年、在学中に毎日児童小説賞優秀賞を受賞。アルバイトをしながら劇団の脚本家をしていたが、劇団が解散。再び、児童文学の道に戻った。

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文666文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集