メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

予防医療で長寿に備え

健診で採血されるフレンチブルドッグ=東京都板橋区で

 栄養状態や飼育環境の改善で、ペットの寿命が延びている。高齢になったペットの健康を保つため、健康診断などで日ごろから状態を把握し、病気を予防する「予防医療」が広がっている。

 ●「年1回は健診を」

 東京都板橋区の動物病院「ペットクリニック アニホス」の定期健診で、獣医師の弓削田(ゆげた)直子さんが9歳のフレンチブルドッグの頭や脚を丁寧に触っていた。「目の結膜や歯茎の色に異常がないか、リンパ節に腫れがないかなどを確認している」と弓削田さん。その後、聴診器で心音やのどの音などを確認。後ろ脚に注射し採血もした。弓削田さんは、「病気の早期発見のためにも、1年に1回以上は健診に来てほしい」と話す。

 ペットの犬猫の寿命は、近年延びている。一般社団法人ペットフード協会(東京都)が2018年に実施した…

この記事は有料記事です。

残り1173文字(全文1519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  4. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  5. 津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです