メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

予防医療で長寿に備え

健診で採血されるフレンチブルドッグ=東京都板橋区で

 栄養状態や飼育環境の改善で、ペットの寿命が延びている。高齢になったペットの健康を保つため、健康診断などで日ごろから状態を把握し、病気を予防する「予防医療」が広がっている。

 ●「年1回は健診を」

 東京都板橋区の動物病院「ペットクリニック アニホス」の定期健診で、獣医師の弓削田(ゆげた)直子さんが9歳のフレンチブルドッグの頭や脚を丁寧に触っていた。「目の結膜や歯茎の色に異常がないか、リンパ節に腫れがないかなどを確認している」と弓削田さん。その後、聴診器で心音やのどの音などを確認。後ろ脚に注射し採血もした。弓削田さんは、「病気の早期発見のためにも、1年に1回以上は健診に来てほしい」と話す。

 ペットの犬猫の寿命は、近年延びている。一般社団法人ペットフード協会(東京都)が2018年に実施した調査によると、犬の平均寿命は14・3歳、猫の平均寿命は15・3歳。10年の調査では犬13・9歳、猫14・4歳だった。愛知県犬山市の犬山動物総合医療センター代表で獣医師の太田亟慈(じょうじ)さんは「室内飼育の普及やペットフードの高品質化、医療の進歩などが要因と考えられる。ペットの高齢化と共に健康問題に…

この記事は有料記事です。

残り1023文字(全文1519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  3. くらしナビ・ライフスタイル @大学 大学・企業の変革主導に期待 「ジェンダー・ダイバーシティー」シンポ

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 大ガス、温室効果ガス2050年ゼロ宣言 「環境保護や社会貢献を意識」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです