メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

予防医療で長寿に備え

健診で採血されるフレンチブルドッグ=東京都板橋区で

 栄養状態や飼育環境の改善で、ペットの寿命が延びている。高齢になったペットの健康を保つため、健康診断などで日ごろから状態を把握し、病気を予防する「予防医療」が広がっている。

 ●「年1回は健診を」

 東京都板橋区の動物病院「ペットクリニック アニホス」の定期健診で、獣医師の弓削田(ゆげた)直子さんが9歳のフレンチブルドッグの頭や脚を丁寧に触っていた。「目の結膜や歯茎の色に異常がないか、リンパ節に腫れがないかなどを確認している」と弓削田さん。その後、聴診器で心音やのどの音などを確認。後ろ脚に注射し採血もした。弓削田さんは、「病気の早期発見のためにも、1年に1回以上は健診に来てほしい」と話す。

 ペットの犬猫の寿命は、近年延びている。一般社団法人ペットフード協会(東京都)が2018年に実施した…

この記事は有料記事です。

残り1173文字(全文1519文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです