連載

幻の科学技術立国

「科学技術創造立国」を目指してきた日本は、中国など新興国が急速に台頭してくる中で存在感を失いつつあります。現場を歩きながら衰退の原因を探り、再生の道を考えます。

連載一覧

幻の科学技術立国

第4部 世界の潮流/4 トップの頭脳、中国へ招致 「千人計画」の実態 任期なく桁違い年俸提示

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「千人計画」で中国に招致された梶野敏貴・国立天文台特任教授(左から2番目)。北京航空航天大の特別教授を務め、日本からも学生を派遣している=梶野教授提供
「千人計画」で中国に招致された梶野敏貴・国立天文台特任教授(左から2番目)。北京航空航天大の特別教授を務め、日本からも学生を派遣している=梶野教授提供

 <科学の森>

 ●あらゆる分野から

 「ここを先端科学に取り組む極東の基軸にしたい」。2016年10月、中国の北京航空航天大に新設された「ビッグバン宇宙論元素起源国際研究センター」の調印式。初代所長に就任した梶野敏貴・国立天文台特任教授(63)があいさつし、中国人の副学長と固く握手を交わすと、会場に拍手がわき起こった。梶野さんは翌17年3月、特別教授として同大に赴任した。

 宇宙核物理学の分野で世界的な成果を上げてきた梶野さんは16年春、「海外ハイレベル人材招致計画(通称・千人計画)」の対象に選ばれた。中国政府がノーベル賞受賞者を含む世界トップレベルの頭脳を国内に招くため、08年に始めた政策だ。梶野さんは「基礎科学だけでなく応用科学、企業などあらゆる分野の研究者を世界中から招聘(しょうへい)している」と、多彩な顔ぶれに驚いたという。

この記事は有料記事です。

残り1941文字(全文2310文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集