メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小出義雄さん死去

マラソン名伯楽 ほめ育て名選手に

2004年3月、アテネ五輪代表に落選し記者会見する高橋(左)。小出監督の話に思わず目をとじた=小林努撮影

 24日に80歳で亡くなった陸上指導者の小出義雄さんは、2000年シドニー五輪金メダルの高橋尚子さん(46)以外にも数々のトップランナーを育てた。「名伯楽」の訃報に、師事した門下生や関係者からは「太陽のよう」「日本のマラソンを救ってくれた」などと惜しむ声が相次いだ。

 小出さんの指導を受け、五輪で2個のメダルを獲得した有森裕子さん(52)は東京都内で取材に応じ、「私は実績がないのに(指導を受けたいと)押しかけて行った。タイムが遅くても、あきらめないところを買ってくれた。ちゃんと向き合ってくれて、感謝しかない」と語り、時折目に涙を浮かべた。そして「20年の東京五輪を一緒に見たかった。上から見ていてください」と冥福を祈った。

 小出さんが設立した佐倉アスリート倶楽部の1期生として指導を受け、03年世界選手権(パリ)で銅メダル…

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文1055文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  2. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです