卓球

世界選手権 水谷、伊藤敗退 3回戦

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子シングルス3回戦で敗退した水谷=大西岳彦撮影
男子シングルス3回戦で敗退した水谷=大西岳彦撮影

 【ブダペスト田原和宏】卓球の世界選手権個人戦第4日の24日、男子シングルス3回戦は水谷隼(木下グループ)が鄭栄植(韓国)に3-4で敗れた。森薗政崇(岡山)も元世界ランキング1位のティモ・ボル(ドイツ)に0-4で敗れた。張本智和(木下グループ)は苦手のマルコス・フレイタス(ポルトガル)に快勝し、4回戦に進んだ。

 女子シングルスは3回戦があり、伊藤美誠(スターツ)は同じ18歳の孫穎莎(中国)に1-4で敗れた。前回銅メダルの平野美宇(日本生命)は30歳のモー・チャン(カナダ)を4-2で破り、4回戦に進んだ。石川佳純(全農)、佐藤瞳(ミキハウス)、加藤美優(日本ペイントホールディングス)の3人も勝ち上がった。

この記事は有料記事です。

残り1674文字(全文1979文字)

あわせて読みたい

ニュース特集