メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

「三本締め」白鵬処分 協会「様式美」重要視 力士に伝統指導

日本相撲協会臨時理事会の会場に入る白鵬

 大相撲春場所の優勝インタビューで三本締めをした横綱・白鵬が24日、日本相撲協会からけん責処分を受けた。処分に至る調査で白鵬は「お客さんを喜ばせたいと思った。万歳三唱はダメだけど三本締めは良いと思った」と釈明したという。その言葉に、「伝統と秩序、礼節と様式美」を掲げる協会の課題が如実に表れている。

 白鵬は元横綱・日馬富士の傷害事件が発覚した2017年九州場所での優勝インタビューで万歳三唱し、厳重注意を受けている。この時は事件が調査中にもかかわらずインタビューで日馬富士と被害力士を「再び土俵に上げたい」と発言。場所中に判定への不満を表したことも加えての処分だった。

 観客とともに行った三本締めの一件が、コンプライアンス委員会に調査を求めるほど問題視された背景に、17年の「前例」があった。だが、調査で明らかになったのは、協会が17年当時、白鵬に万歳の何が問題なのかを正確に伝えきれていなかったということだった。

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文1033文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  4. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

  5. ハナマウイ、痛い走塁ミス 初白星ならず 四国銀は13大会ぶり2勝目 都市対抗野球

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです