特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

旧優生保護法を問う

強制不妊救済法が成立 一時金請求、都道府県に窓口 救済業務スタート

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 旧優生保護法下の不妊手術被害者救済法が施行された24日、「一時金」の請求窓口となる都道府県では、プライバシーに配慮して個室や仕切りで囲った請求受付・相談所を設けたり、請求や調査の手続きを職場内で確認したりするなど救済業務が始動した。

 支給を受けるには被害者本人の請求が必要になる。全国最多の2593人が強制手術された北海道では庁内に設けられた個室で、昨年3月開設の相談センターで対応してきた保健師ら2人が引き続き常駐。面談やフリーダイヤル電話、電子メール、手紙などで対応する。

 1年余にわたり被害者や家族、遺族らの相談に応じてきた道子ども子育て支援課の担当者は、「手術を受けた方々に直接会う中で真摯(しんし)に対応しようと考えてきたので、法成立は感慨深い。良かった」と感激した様子だった。

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文759文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集