メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

白鵬をけん責処分 三本締め「千秋楽の秩序乱す」 相撲協会

白鵬

 日本相撲協会は24日、東京都内で臨時理事会を開き、3月の大相撲春場所で42回目の優勝を果たし、千秋楽の表彰式で観客とともに三本締めをした横綱・白鵬(34)=宮城野部屋=を懲戒処分で最も軽い、けん責処分にした。師匠の宮城野親方(元前頭・竹葉山)は監督責任を問われ、一つ重い3カ月10%の減俸処分とした。

 協会は白鵬の行為が内部規定で禁止する「相撲道の伝統と秩序を損なう行為」に当たる可能性があるとして、…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  3. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです