メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

小出義雄さん 80歳=マラソン指導者

独自の指導で金字塔

 2000年シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんら多くの名選手を育てた小出義雄(こいで・よしお)さんが24日、肺炎のため千葉県内の病院で亡くなった。80歳。通夜は28日午後5時、葬儀は29日午前9時、千葉県佐倉市大蛇町790の4のさくら斎場。喪主は妻啓子(けいこ)さん。

 千葉県佐倉市出身。山武農高(現大網高)を卒業して一旦は家業に就いたが、順天堂大へ進学し、箱根駅伝を3度走った。卒業後に教員となり、佐倉高と市船橋高で全国高校駅伝(男子)に出場。1986年には市船橋高を優勝へと導いた。

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1252文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  3. コロナで変わる世界 <移民編 インタビュー③>広瀬弘忠さん 感染を外国人のせいにする行政「ヘイト」は問題

  4. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  5. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです