メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雑記帳

「令和」初日の5月1日に開幕する京都の花街・先斗町の春の公演…

鴨川をどりのグッズ会議を開く芸妓たち=京都市中京区の先斗町歌舞練場で2019年4月17日、菅沼舞撮影

 「令和」初日の5月1日に開幕する京都の花街・先斗町の春の公演「鴨川をどり」(同24日まで)で、芸妓(げいこ)らがデザイン・監修したチケット入れや付箋などの限定グッズを販売する。

 改元を祝い華やかさを意識。定番の手ぬぐいには「新元号記念」の文字と、松を頭につけたマスコット「ぽんちゃん」をあしらった。

 絵が得意な芸妓の市笑(いちえみ)さんは…

この記事は有料記事です。

残り84文字(全文254文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 池袋暴走書類送検 遺族の松永さん「やっとスタートラインに」

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです