メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊救済法成立 低額救済、怒る被害者 曖昧謝罪「侮辱だ」

 「歴史的な一歩だ」「国は責任を認めて謝罪して」「一人も取り残さない救済を」--。旧優生保護法下で不妊手術を強いられた障害者らに一時金320万円を支給する議員立法の救済法が24日、参院本会議で可決・成立し、施行された。1948年に施行され、強制不妊などの条文を削除した96年の母体保護法への改定も経て、70年余。放置されてきた被害者や家族、支援者らが万感の思いを込めて語った。

 「国と国会議員の責任じゃないのか。『我々』なんて、被害者をあまりにも侮辱している」。不妊手術を強い…

この記事は有料記事です。

残り1842文字(全文2080文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  4. 東京・新橋で5台絡む事故 子ども乗せた観光バスも
  5. 英・離脱党党首にシェーク 警察販売自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです