メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

制裁中の北朝鮮、人道支援に活路期待 ロシアは“及び腰”

乾杯するロシアのプーチン大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=ウラジオストクで25日、AP

 【ウラジオストク(ロシア極東)大前仁、渋江千春】プーチン露大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は25日の初会談で伝統的な友好関係を確認した。ただ北朝鮮が望む経済関係の拡大を巡ってはロシア側も多くの制裁を科されているという事情もあり、北朝鮮は経済再建に向けたロードマップは描けない状況が続く。

 「あなたが我が国に来てくれたことで、お父さんのことを思い出した」(プーチン氏)。「モスクワから数千キロ離れたところまで来てくれて感謝している」(金委員長)。初顔合わせをした両首脳はお互いを気遣う言葉を口にした。その後開かれた歓迎夕食会でもプーチン氏は「この数カ月間、金委員長の働き掛けのおかげで朝鮮半島情勢が安定している」と評価した。

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1312文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. JR北海道クが白星発進 都市対抗北海道2次 代表決定リーグ戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです