メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ

東日本大震災で犠牲となり、8年ぶりに身元が特定された平塚真澄さんの遺骨を抱える弟の鈴木正樹さんといとこの丸岡美穂さん(左、ガラス越し)=宮城県石巻市で2019年4月24日、和田大典撮影

 東日本大震災で行方不明となり、切手から採取したDNA型から身元が判明した宮城県女川町の平塚真澄さん(当時60歳)の遺骨が24日、納骨されていた石巻市の霊園で遺族に引き渡された。平塚さんの異母弟で、判明するきっかけとなった手紙を保管していた鈴木正樹さん(47)は「ゆっくり休んでください、と伝えたい」と話した。【百武信幸】

 平塚さんは2011年4月に石巻市の泊浜漁港付近で遺体で見つかり、以来、「身元不明」のまま石巻市中心部に近い高台の納骨堂で眠っていた。24日、その近くの建物で県警による遺骨の引き渡しがあり、青森県八戸市から訪れた鈴木さんは穏やかな表情で受け取った。「家族の元に戻ってきてくれてうれしい。半分あきらめていたが、ちょっとしたきっかけからみつかり、正直信じられない思いです」

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文956文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 常夏通信 その45 74年目の東京大空襲(32) 生後2時間、大阪大空襲で左足を失った女性

  3. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  4. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  5. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです