メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海を越え「農泊」人気 群馬・みなかみで台湾の高校生が交流

受け入れ先の農家の人(左端)と談笑する台中女子高級中学の生徒たち=群馬県みなかみ町布施で2019年4月16日、妹尾直道撮影

 農山村に泊まってその暮らしを体験する「農泊」が、首都圏の中高生の修学旅行先として群馬県内で定着しつつある。最近は外国からも人気を集め、今月16日には、台湾の高校生32人がみなかみ町で農家らと交流を深めた。【妹尾直道】

 みなかみ町を訪れたのは台中女子高級中学の生徒たち。町内の8戸に分宿した。河合広子さん(72)方では、4人の高校生が、初めて見るこたつや畳に一様に驚いた様子を見せた。阮懿慈(ジュアンイーツー)さん(16)は「日本文化を学ぶことができ、とても貴重な体験」と声を弾ませた。

 河合さんによると、翌朝、別れ際に、高校生たちが「もっといたい」と何度も抱きしめてくれたという。農泊を始めて5年ほどになるが、「毎回涙のお別れになる。後日お礼の手紙が来ると感激する」。農泊歴が5年近くになる増田檀さん(74)も「子どもたちからいろな話を聞くことができ若い力をもらえる。今後も受け入れていきたい」とうれしそうに話した。

この記事は有料記事です。

残り764文字(全文1173文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです