メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陛下、守り刀の“兄弟刀”京都・石清水八幡宮で26日から公開

天皇陛下ゆかりの短刀と、“兄弟刀”を示す木箱の銘文(左)=京都府八幡市の石清水八幡宮で2019年4月24日14時30分、鈴木健太郎撮影

 天皇陛下ご誕生の際に作られた守り刀の“兄弟”にあたる短刀が、京都府八幡市の石清水八幡宮で26日から5月6日まで、「平成」と「令和」をまたぎ一般公開される。陛下の退位と皇太子さまの天皇即位を記念した特別企画。

 八幡宮によると、短刀は全長40.5センチ、刃渡り28センチ。1933年に陛下が生まれた際、帝室技芸員の刀匠・月山貞一(1836~1918)の長男…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです