メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バンクシー?作品が都庁で公開 5月8日まで

 世界的に注目を集める路上芸術家・バンクシーの作品とされる絵の公開が25日、東京都新宿区の都庁第1本庁舎2階で始まり、多くの見物客でにぎわった。皇位継承に伴う10連休中も含め、5月8日まで毎日展示される。

 絵は、臨海部を走る新交通システム「ゆりかもめ」の日の出駅(東京都港区)の近くに都が設置している…

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文334文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです