メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辺野古移設反対リーダー有罪確定へ 最高裁が上告棄却

 沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画などに抗議する活動を巡り、威力業務妨害や傷害など四つの罪に問われた移設反対派のリーダーで沖縄平和運動センター議長、山城博治(ひろじ)被告(66)の上告審で、最高裁第3小法廷(宮崎裕子裁判長)は22日付で被告側の上告を棄却する決定を出した。懲役2年、執行猶予3年とした1、2審判決が確定す…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  3. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  4. 小6の11歳長男をトンカチで殴る 38歳母を殺人未遂容疑で逮捕 埼玉
  5. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです