研究者としての天皇陛下 論文33本 ハゼの分類法提案、新種発見も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
天皇陛下、研究者としての歩み
天皇陛下、研究者としての歩み

 30日に退位される天皇陛下は、緻密な論文で国内外から高い評価を受けている科学者でもある。特にハゼの研究で知られ、「アキヒト属」と名付けられた属があるほどだ。共同研究者らは「公務で多忙でも、メリハリをつけて研究を続けてきた」と、その誠実な研究姿勢を振り返った。

自分の目で見て納得 

 「研究のともしびは決して消したくはありません」――。英国王立協会で1998年、科学者としての功績をたたえられて「チャールズ2世メダル」を授与された際のおことばに、陛下の研究への思いが凝縮されている。

 陛下が著者や共著者となった論文は、皇太子時代を含め33本あり、うち9本が即位後の発表だ。元側近は「(研究に関する)ちょっとした議論でも廊下での立ち話はせず、必ず後に時間を作って(御所内の)研究室に入り、資料を基に議論した」と証言する。

この記事は有料記事です。

残り936文字(全文1294文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集