特集

ハゲタカジャーナル

ずさんな審査や手法で論文を掲載する粗悪学術誌「ハゲタカジャーナル」。安易に業績を得る手段として使われています。

特集一覧

科学ジャーナリスト賞に本紙・鳥井記者 「ハゲタカジャーナル」報道

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
鳥井真平記者
鳥井真平記者

 日本科学技術ジャーナリスト会議(佐藤年緒会長)は25日、今年の科学ジャーナリスト賞に、「ハゲタカジャーナル」に関する一連の報道を手がけた毎日新聞水戸支局兼科学環境部の鳥井真平記者(38)を選んだ。鳥井記者は大阪本社科学環境部の記者として、研究界に広がる「ハゲタカジャーナル」と呼ばれる粗悪な学術誌の実態を追及。ずさんな内容チェック(査読)で論文を掲載する代わりに高…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

【ハゲタカジャーナル】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集