メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴーン前会長を再保釈 妻との接触制限

 日産自動車の資金5億円超をオマーン経由で自身に還流させて会社に損害を与えたとして、会社法違反(特別背任)で追起訴された前会長、カルロス・ゴーン被告(65)は25日夜、東京拘置所(東京都葛飾区)から保釈された。東京地裁が同日午前、保釈を認める決定を出し、検察側が決定を不服として準抗告したが、地裁の別の裁判長が棄却した。保釈条件には妻キャロルさんとの接触制限も付いた。新たな保釈保証金は5億円で、弁護人は振り込みで納付した。

 昨年11月に最初に逮捕されたゴーン前会長は勾留108日目の3月6日、いったん保釈された。しかし4月4日に新たな特別背任事件で再逮捕され、勾留総日数は25日で130日となった。納めた保釈保証金は3月の10億円と合わせ、計15億円となった。

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです