メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の事件ジャーナリズム史

(15)「権力とメディア」「インターネットネットとメディア」 そして情報リテラシーの向上のために

個人情報保護法は、メディア規制との批判のあった部分を削除した形で成立しました

 連載もいよいよ今回で終わりです。最終回は「権力とメディア」「インターネットとメディア」について改めて考えながら、ジャーナリズムの今後についても展望します。

 1999(平成11)年、新聞界は霞が関からの突然の通告に大騒ぎになりました。「行政命令で事前に記事を差し止める」という驚くべき発言が官僚の口から飛び出したのです。「行政命令で事前に記事を差し止める」ことは検閲であり、表現の自由や報道の自由を否定する明らかな憲法違反の行為です。ところが、人権擁護法案の策定を進める法務省人権擁護局総務課の上席補佐官が、報道による人権侵害への対策として「差し止め」に言及したのでした。

 上席補佐官の発言は「報道により侵害された名誉の回復は難しい。蓋然(がいぜん)性の高いものは行政命令をもって記事を差し止めることなども視野に入れ、幅広く検討する」というものでした。人権侵害を防ぐためには、表現・報道の自由は規制されてもやむを得ないとの趣旨でした。

この記事は有料記事です。

残り2582文字(全文2999文字)

小川一

1958年生まれ。1981年に毎日新聞社入社。社会部で事件取材を長く担当。社会部長、編集編成局長、取締役・編集編成担当などを務める。毎日新聞グループホールディングス顧問。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 視聴室 新番組・俺の家の話

  3. バグダッド中心部で自爆テロ 32人死亡、110人負傷

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです