メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ロシアのいたずらコンビ、ウクライナ大統領かたり仏大統領に電話

 名人へのニセ電話で知られるロシアの2人組「ボバンとレクサス」が、ウクライナのゼレンスキー次期大統領になりすまし、フランスのマクロン大統領に15分間電話をかけるいたずらをした。2017年9月14日、モスクワで撮影(2019年 ロイター/Sergei Karpukhin)

[PR]

 [モスクワ 24日 ロイター] - 著名人へのニセ電話で知られるロシアの2人組が、ウクライナのゼレンスキー次期大統領になりすまし、フランスのマクロン大統領に15分間電話をかけるいたずらをした。

     2人組は、著名人や政治家にニセ電話をかけることで有名な「ボバンとレクサス」。これまで英歌手エルトン・ジョンさんやボリス・ジョンソン英外相(当時)もターゲットになったことがある。

     電話の音声は24日、ユーチューブに投稿された。電話がかけられた正確な時刻は明らかでない。

     これによるとゼレンスキー氏役は、今回の選挙で73%の票を獲得したことはロシアのプーチン大統領の圧勝を連想させるとコメント。これに対し、マクロン大統領を思わせる声の主は「まだすべての反対派を投獄していない」という点だけはロシアと違うと冗談で応じた。

     仏大統領府当局者は、動画に関するコメントを控えた。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

    2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

    3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

    4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

    5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです