メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豪華客船

「ダイヤモンド・プリンセス」宮古に寄港 巨大な姿に感嘆 /岩手

藤原ふ頭への接岸態勢に入るダイヤモンド・プリンセス=岩手県宮古市で

 宮古市の宮古港に25日、県内の港では過去最大となる豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」(11万5875トン)が寄港した。乗船客は欧米人を中心に、日本人500人超を含む約2600人。これほどの大型船舶の寄港は本県の港湾史上、画期的といえる。

 ダイヤモンド・プリンセスは午前7時50分過ぎ、宮古湾口の閉伊崎付近に、タグボートに引かれて姿を現した。全長290メートル、水面からの高さ54メートルで、巨大な建造物のよう。船体前部に波を思わす青色のデザインがあしらわれ、見物の市民から感嘆の声が上がった。

 市立鍬ケ崎小学校児童らによる「大漁祝い唄」などの歓迎を受けて藤原ふ頭に接岸。入港式で山本正徳市長は…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎ヒトヒト感染「憂慮は不要」と専門家 さらなる感染防止が重要

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです