メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

救済一時金に申請1人 県相談窓口、電話問い合わせ7件 /宮城

一時金申請書の一部。強制不妊手術を受けた当時の状況などを尋ねる質問事項が並んでいる=宮城県庁で

 旧優生保護法下の不妊手術被害者救済法が成立・施行されて一夜明けた25日、県庁では一時金申請受け付けの窓口業務が始まり、相談専用ダイヤルも設けられた。この日は不妊手術を強制されたとする当事者1人の申請と7件の電話相談があった。県の担当職員は「より多くの人に制度を利用してもらいたい」と呼びかけている。【遠藤大志】

 受付窓口は県庁12階の「1204会議室」に設置。電話機3台が備えられ、子ども・家庭支援課の職員らが…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです