新元号

来月1日「令和婚」ラッシュ? 各自治体、特別窓口やサービス準備 /栃木

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
鹿沼市が5月1日に贈るトートバッグや紅白のイチゴ=栃木県鹿沼市役所で
鹿沼市が5月1日に贈るトートバッグや紅白のイチゴ=栃木県鹿沼市役所で

 大安と「令和初日」が重なる5月1日。本来は役所の窓口が閉まる祝日だが、新天皇即位の祝賀にあやかる「令和婚」カップルが婚姻届を提出しに来ることが予想されるため、県内の自治体は特別に窓口を開いたり記念品をそろえたりと、独自のサービスで門出を祝う準備を進めている。

 鹿沼市は午前8時半~午後5時15分、婚姻届や出生届を受け付ける窓口を特設。先着各20組に名産品のイチゴを紅白ペアで贈るほか、バッジやトートバッグも準備している。

 足利市は、連休中も業務を行う「コムファーストアピタ」2階の行政サービスセンター(同市朝倉町、午前10時~午後7時)で職員を5人増員し、11人体制で対応する。婚姻届を出したカップルに市内の映画館の鑑賞引換券をプレゼントするほか、午前中はメッセージボードを用意して記念写真の撮影に応じる。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文605文字)

あわせて読みたい

注目の特集