メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四日市競輪

ナイターに特化 来月からミッドナイトも初開催 新たなファン掘り起こしへ /三重

ナイター競輪やミッドナイト競輪を行う四日市競輪場=三重県四日市市提供

 全国的に競輪の車券売り上げが伸び悩む中、四日市競輪(四日市市羽津甲)はナイター競輪に特化して収益増を狙う。その一環で5月から観客のいない競輪場で夜遅くにレースを行う「ミッドナイト競輪」も初めて開催する。レースはCS放送やインターネットで中継されるため、ネット環境に慣れ親しんだ若者など新たなファンの掘り起こしを目指す。【松本宣良】

 ファンの高齢化や娯楽の多様化で車券の売り上げが減少傾向を示している四日市競輪。打開策として仕事帰りの客も取り込めるナイター競輪(夕方~午後8時半ごろ)にシフトし、2018年度はレースを開催した全46日のうち39日がナイターだった。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  3. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 特集ワイド ホテル不足は終わった? 五輪前の「新型コロナウイルス」痛手

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです