纒向遺跡

出土のカエルの骨、一部を展示 桜井・埋文センター /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
展示されている纒向遺跡で見つかったカエルの骨=奈良県桜井市立埋蔵文化財センターで、藤原弘撮影
展示されている纒向遺跡で見つかったカエルの骨=奈良県桜井市立埋蔵文化財センターで、藤原弘撮影

 邪馬台国の最有力候補地とされる桜井市の纒向(まきむく)遺跡で見つかったカエルの骨の展示が25日、同市芝の市立埋蔵文化財センターで始まった。祭祀(さいし)に使われた可能性のある3種のカエル(ツチガエル、ニホンアカガエル、ナゴヤダルマガエル)が並び、骨の部位なども図示している。

 2010年の調査で大型建物跡の南側の土…

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文338文字)

あわせて読みたい

注目の特集