メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の記憶・岡山

ハンセン病 「家族の苦しみ知って」原告・原田さん、涙の訴え 国家賠償請求訴訟 /岡山

議員会館を回り、国会議員に元ハンセン病患者の家族が受けた差別や苦しみを訴える原田信子さん(右)=東京都千代田区で、戸田紗友莉撮影

 「今まで隠れるようにして生きてきた。今は一人でも多くの人に私たちの苦しみを知ってほしい」

 元ハンセン病患者の家族らが、家族として受けた差別に対する国家賠償を求めた「ハンセン病家族訴訟」の原告、原田信子さん(75)=岡山市=は涙ながらに訴える。

 父親(2001年2月に90歳で死去)はハンセン病患者だった。病の影響で片目がほぼ見えず、原田さんが物心ついた時から病床に伏せていた。それでも母親を含め家族3人、北海道の港町のバラックでつつましく暮らしていた。

 そんな生活が一変したのは8歳の時だ。白衣を着た大人たちが突然自宅を訪れて噴霧器で白い粉をまき、父親…

この記事は有料記事です。

残り1135文字(全文1412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サンマが黄色く変色…「メインおかず」抜きの給食に 草津の小学校

  2. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  3. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  4. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  5. 熱血!与良政談 逃げ切らせないために=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです