メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成遺産を歩く

/2 北九州国際会議場 地元経済潤す来場者 宿泊費、飲食費など波及効果 /福岡

 JR小倉駅北口の「北九州国際会議場」は、1990年(平成2年)に北九州市が推進するMICE(集客交流施設)の拠点としてオープンした。建築家の磯崎新氏が設計。船のブリッジや波をイメージした外見は遠くからでも目を引く。海際ということもあり、黄色く塗られた建物内を歩くと大きな船の中を歩いているような気分も味わえる。

 しかし、当初から「順風満帆」とはいかなかった。運営する北九州観光コンベンション協会の福田政幸誘致部…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文862文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです