メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界文化遺産

潜伏キリシタン関連遺産、応援歌が完成 「長崎を知るきっかけに」 /長崎

 世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を応援する曲「海があまりに碧(あお)いのです」が完成した。長崎市のシンガー・ソングライター桜井すずめさん(38)が作曲、政治ジャーナリストの田勢康弘さん(74)が作詞した。

 歌はバラード調で、潜伏キリシタンの苦労や、平和を祈る気持ちが盛り込まれている。田勢さんは歌唱力や作詞、作曲を競うコンテスト…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 原英莉花が優勝 国内メジャー2連勝 女子ゴルフツアーリコー杯

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 「これからもよい化学反応を」 高橋大輔の言葉で紡ぐフィギュアNHK杯

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです