メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和へ

@沖縄・辺野古 平成残り5日 移設、溝いつ埋まる

 25日午前9時半、沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前。抗議の座り込みに参加する人たちが声を上げ、県警機動隊員ともみ合いになった。

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設に伴い、政府が辺野古沿岸部の埋め立てに向けた護岸工事に着手したのが2年前の平成29(2017)年。県の反対をよそに「美(ちゅ)ら海」はその姿を変えようとしている。

 攻防の現場から約600メートル先の辺野古の集落。夕暮れ、野底(のそこ)かおりさん(49)がスナックの開店準備に追われていた。「米軍が来た方が活性化する」。6年前に開いた店には、ベトナム戦争で消息不明になったシュワブ所属の軍医だった父の名をつけた。「基地は自分のルーツ。否定してほしくない」

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. 和歌山・有田病院 職員87人を新たに検査、全員が陰性 新型コロナウイルス

  4. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  5. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです