メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替わりへ

象徴と政治/下 「国民統合」思い強く 沖縄・福島に配慮

福島第1原発事故の影響で避難している住民らと話される天皇、皇后両陛下=福島県三春町の葛尾村役場三春出張所で2016年3月、丸山博撮影

 「私が務めを果たしてこられたのは、その統合の象徴であることに誇りと喜びを持つことのできるこの国の人々の存在と、長い年月に日本人が作り上げてきた民度のお陰でした」

 2月24日、東京都千代田区の国立劇場。天皇陛下は憲法に記された「国民統合の象徴」の役割を振り返られた。政府主催の在位30年の記念式典に詰めかけた約1100人が耳を傾けた。

 式典で「国民代表の辞」を述べたのは福島県の内堀雅雄知事。「幾度とない訪問で心のこもった慰めと励まし…

この記事は有料記事です。

残り2168文字(全文2385文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  3. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  4. Hey! Say! JUMP有岡さん「アイドル界の池上彰さん目指す」 新連載で
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです