メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

明石市長の暴言問題と再選 危ういハラスメント軽視=反橋希美(神戸支局)

出直し市長選への出馬を表明した支援者集会で、署名を集めた母親たちから激励を受ける泉房穂・明石市長=2019年3月7日、反橋希美撮影

 兵庫県明石市の泉房穂(ふさほ)市長(55)の暴言問題に端を発した出直し市長選(3月17日投開票)は泉氏が圧勝した。次点にトリプルスコア以上という得票に、任期満了に伴う統一地方選(4月14日告示)での市長選に対抗馬はなく、無投票で4選を決めた。子育て施策など実績への評価が一番の勝因だが、騒動は逆風どころか「市民のために熱くなる市長」というイメージに転化し、追い風になったようにも思った。

 暴言問題が矮小(わいしょう)化されたことに、私は危うさを感じる。泉市長に対する市民の総合的評価は受…

この記事は有料記事です。

残り1804文字(全文2048文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 大きな虹 福岡の空に
  4. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  5. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです