メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タイ総選挙

軍政派最大勢力へ 政治、安定見通せず 上下両院ねじれ、王の威光減少

 タイの民政復帰に向け3月24日、8年ぶりに総選挙(下院、定数500)が実施され、その結果が5月9日にも発表される。下院は軍政と敵対するタクシン元首相派が第1党となる予測だが、任命制の上院と合わせると両院で軍政派が最大勢力となり、親軍政政党を中心とした連立政権が樹立される見通し。上下院の「ねじれ」などで政権が不安定化し、軍政下で抑え込まれてきた政治対立が再燃する恐れもある。今に続くタイ政治の混迷の経緯を振り返る。【高木香奈】

この記事は有料記事です。

残り3143文字(全文3357文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです