メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
タイ総選挙

軍政派最大勢力へ 政治、安定見通せず 法政大教授・浅見靖仁氏、京都大学大学院教授・玉田芳史氏に聞く

 総選挙後のタイ政治の行方について、2人の専門家に聞いた。

対立構造、転換の兆し 法政大教授・浅見靖仁氏

 今回の総選挙には「タクシン元首相派」対「反タクシン派」から「反軍派」対「親軍派」の対立構造への転換の兆しが見える。プラユット暫定首相支持を明確に打ち出していた3政党を合わせても有効票の4分の1にも達しなかったのは、有権者の間に反軍感情が広がっていることを示している。

 タクシン氏は海外逃亡が長く影響力が低下し、今回は選挙戦略のミスもあった。新未来党は、汚職のイメージ…

この記事は有料記事です。

残り869文字(全文1104文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです