メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

任天堂

スイッチ、中国投入へ 「再参入」

 任天堂の古川俊太郎社長は25日の決算発表記者会見で、「中国を日米に次ぐマーケットにしたい」と述べ、中国市場に家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を投入する考えを示した。現在、中国当局の許可を待っている段階だという。過去に携帯用ゲーム機「ニンテンドーDS」を販売していたが、その後撤退しており、「再参入」となる。

 中国ネットサービス大手のテンセントと協力して販売する計画で、具体的な発売時期や価格は未定。テンセン…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文452文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」
  4. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです