メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

任天堂

スイッチ、中国投入へ 「再参入」

 任天堂の古川俊太郎社長は25日の決算発表記者会見で、「中国を日米に次ぐマーケットにしたい」と述べ、中国市場に家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を投入する考えを示した。現在、中国当局の許可を待っている段階だという。過去に携帯用ゲーム機「ニンテンドーDS」を販売していたが、その後撤退しており、「再参入」となる。

 中国ネットサービス大手のテンセントと協力して販売する計画で、具体的な発売時期や価格は未定。テンセン…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  4. 厚底シューズは禁止されるのか 疑心暗鬼の中ライバル各社が仕掛ける宣戦布告

  5. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです