メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替わりへ

両陛下とわたし/7 アフガン復興に心寄せ NGOペシャワール会現地代表・中村哲さん(72)

 天皇、皇后両陛下にアフガニスタンで支援活動をしている「ペシャワール会」についてご説明したのは2004年5月でした。住まいの御所で、始めたばかりの用水路建設や現地事情をご説明しました。皇太子ご夫妻時代の1971年にアフガニスタンを訪問されており、戦争や干ばつで混乱している状況を心配されているご様子でした。

 写真を使って干ばつの状況を説明すると、天皇陛下は「人々の暮らしはどうですか」などと熱心に尋ねられ、2時間の予定が30分長くなりました。帰る際には両陛下に玄関まで見送っていただき、体調を気に掛ける言葉をいただきました。

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議は問題あるが…それでも小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです