メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

人工クレーター初確認 直径10メートル以上

人工クレーターを作った後の表面。中央付近にくぼみができて暗くなっている=JAXA、東京大など提供

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は25日、探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウに金属の塊を衝突させた地点を上空から観測し、人工クレーターができているのを初めて確認したと発表した。クレーターの直径は10メートル以上とみられる。小惑星でのクレーター形成に成功したのは世界初。

 はやぶさ2が上空約1・7キロまで近づき撮影した画像では、金属の塊を衝突させる前の先月の画像と比較し、リュウグウの表面がくぼみ、衝突の勢いで噴出物が周囲に積もって暗くなっている様子が確認できた。深さについては解析中。今後は地形を詳細に分析し、…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. GSOMIAは継続 韓国が日本に伝達 政府関係者明らかに

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです