メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

救済法成立 岐阜県、一部に個別通知 資料残る64人に

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき不妊手術を受けさせられた障害者らに対する救済法成立を受け、岐阜県が一部対象者に対し、一時金支給を個別通知する方針であることが25日、県への取材で判明した。救済法では国が対象者へ知らせる通知義務は明記されていないものの、県は「資料が残っている人には知らせるべきだと判断した」と説明…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都アニメ放火 娘よ、待っている 彩色一筋「根性の塊」 安否不明社員の父
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「入れたい人いない」 白馬の王子、いつまで待つ気なのか
  3. 「親安倍」「反安倍」の人たちがののしり合い 騒乱の安倍首相「秋葉原演説」を見に行く
  4. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  5. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです