メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

救済法成立 岐阜県、一部に個別通知 資料残る64人に

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき不妊手術を受けさせられた障害者らに対する救済法成立を受け、岐阜県が一部対象者に対し、一時金支給を個別通知する方針であることが25日、県への取材で判明した。救済法では国が対象者へ知らせる通知義務は明記されていないものの、県は「資料が残っている人には知らせるべきだと判断した」と説明…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 国語学者・金田一秀穂さんが読む首相の「姑息な言葉」 すり替えと浅薄、政策にも

  2. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  3. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  4. 東山紀之さん、主演公演初日延期 テレ朝生放送も欠席 公演出演者らがコロナ感染

  5. 排せつ、セックスも赤裸々に… 半身不随になった「もののけ姫」の「2度目の人生」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです