メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

総務省近畿総合通信局 大橋秀行局長 スマホ活用、安全避難 災害情報、多言語で発信

総務省近畿総合通信局の大橋秀行局長=大阪市中央区で、山崎一輝撮影

 <週刊金曜経済 Kin-yo Keizai>

 西日本では昨夏、大阪北部地震や豪雨などの災害が相次いだ。観光や働くために来日する外国人が増える中、緊急時に災害や日本語に不慣れな外国人に安全に避難してもらうことが課題となっている。今年3月からスマートフォン用アプリを活用し、多言語で災害情報を流す取り組みを始めた総務省近畿総合通信局の大橋秀行局長(57)に災害対策などを聞いた。【聞き手・加藤美穂子、写真・山崎一輝】

この記事は有料記事です。

残り1365文字(全文1572文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです