メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

総務省近畿総合通信局 大橋秀行局長 スマホ活用、安全避難 災害情報、多言語で発信

総務省近畿総合通信局の大橋秀行局長=大阪市中央区で、山崎一輝撮影

 <週刊金曜経済 Kin-yo Keizai>

 西日本では昨夏、大阪北部地震や豪雨などの災害が相次いだ。観光や働くために来日する外国人が増える中、緊急時に災害や日本語に不慣れな外国人に安全に避難してもらうことが課題となっている。今年3月からスマートフォン用アプリを活用し、多言語で災害情報を流す取り組みを始めた総務省近畿総合通信局の大橋秀行局長(57)に災害対策などを聞いた。【聞き手・加藤美穂子、写真・山崎一輝】

この記事は有料記事です。

残り1365文字(全文1572文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 和歌山の新図書館、来年4月オープンへ 1階にスタバ、蔦屋書店も

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. ORICON NEWS 池田エライザ、胸下ロングヘアで印象ガラリ 「幼く見える」「だれかわからへん」

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです