メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州ニュースアラカルト

EU欧州議会選まで1カ月 三つの注目点

ギリシャのアテネで本格的な選挙運動のスタートとなる演説をするウェーバー欧州議員=4月23日、AP

 5月23~26日に欧州連合(EU)の全域で行われる欧州議会選挙まで1カ月。英国の離脱問題に揺らぐ統合のゆくえを左右する5年に1度の選挙を、三つの論点から展望する。

英国は選挙に参加するのか?

 最初の注目点は、EU離脱を決めた英国が選挙に参加するか否かだ。今年3月29日にEUを離脱するはずだった英国では、EUとまとめた離脱合意案が下院で可決される見通しが立たず、条件付きで今年10月末まで離脱が再延期されることになった。

 現在の欧州議会の定数は751議席。人口に比例して英国を含む28加盟国に議席が割り当てられ、比例代表…

この記事は有料記事です。

残り2490文字(全文2750文字)

八田浩輔

ブリュッセル支局 2004年入社。京都支局、科学環境部、外信部などを経て16年春から現職。欧州連合(EU)を中心に欧州の政治や安全保障を担当している。エネルギー問題、生命科学と社会の関係も取材テーマで、これまでに科学ジャーナリスト賞、日本医学ジャーナリスト協会賞を受賞(ともに13年)。共著に「偽りの薬」(毎日新聞社)。Twitter:@kskhatta

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです