メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護施設の高齢者が“仕事” 費用負担軽減や生きがいに 奈良で試験導入 

入浴用ハーブ作りに挑戦する介護施設の入居者ら=奈良市宝来4のリールデイサービス宝来で2019年4月17日、数野智史撮影

 介護施設に入居している高齢者に裁縫や製品加工といった“仕事”をしてもらうユニークな取り組みが、奈良県内の事業所で試験的に始まった。介護費用負担の軽減や生きがいの創出が狙いで、事業者は「高齢者の新しい生き方に」と意気込む。【数野智史】

 「できるんでしょうかねぇ」。奈良市宝来4のサービス付き高齢者住宅「リールデイサービス宝来」で17日、入居者に軽作業を試してもらう実験があった。参加した女性(81)は作業台の前に腰を下ろしてつぶやいた。この日用意されたのは、吉野産ヒノキのおがくずを巾着状の袋に詰めて入浴用ハーブを作る作業。81~90歳の女性3人が、ハーブを製造販売する「チアフル」(奈良市)の松本梓社長(33)に教わりながら挑戦した。

 開始前に不安を口にしていた女性は、10センチほどのたこ糸を指先で器用にねじりながら、おがくずの入っ…

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文1092文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです