メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護施設の高齢者が“仕事” 費用負担軽減や生きがいに 奈良で試験導入 

入浴用ハーブ作りに挑戦する介護施設の入居者ら=奈良市宝来4のリールデイサービス宝来で2019年4月17日、数野智史撮影

 介護施設に入居している高齢者に裁縫や製品加工といった“仕事”をしてもらうユニークな取り組みが、奈良県内の事業所で試験的に始まった。介護費用負担の軽減や生きがいの創出が狙いで、事業者は「高齢者の新しい生き方に」と意気込む。【数野智史】

 「できるんでしょうかねぇ」。奈良市宝来4のサービス付き高齢者住宅「リールデイサービス宝来」で17日、入居者に軽作業を試してもらう実験があった。参加した女性(81)は作業台の前に腰を下ろしてつぶやいた。この日用意されたのは、吉野産ヒノキのおがくずを巾着状の袋に詰めて入浴用ハーブを作る作業。81~90歳の女性3人が、ハーブを製造販売する「チアフル」(奈良市)の松本梓社長(33)に教わりながら挑戦した。

 開始前に不安を口にしていた女性は、10センチほどのたこ糸を指先で器用にねじりながら、おがくずの入った袋を手早く縛って見せた。子育てをしていた頃は子供のセーターを編んだり、着物を縫ったりしていたため、軽い認知症を抱えた今も糸の扱いはお手の物。「こんなものかしら」と完成品を手に笑顔を見せる女性らを見て、松本社長も「初めてなのに、製品としての完成度は合格の域。頼もしい」と目を見張った。

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文1092文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 国語学者・金田一秀穂さんが読む首相の「姑息な言葉」 すり替えと浅薄、政策にも

  2. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  3. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  4. 東山紀之さん、主演公演初日延期 テレ朝生放送も欠席 公演出演者らがコロナ感染

  5. 排せつ、セックスも赤裸々に… 半身不随になった「もののけ姫」の「2度目の人生」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです