メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護施設の高齢者が“仕事” 費用負担軽減や生きがいに 奈良で試験導入 

入浴用ハーブ作りに挑戦する介護施設の入居者ら=奈良市宝来4のリールデイサービス宝来で2019年4月17日、数野智史撮影

 介護施設に入居している高齢者に裁縫や製品加工といった“仕事”をしてもらうユニークな取り組みが、奈良県内の事業所で試験的に始まった。介護費用負担の軽減や生きがいの創出が狙いで、事業者は「高齢者の新しい生き方に」と意気込む。【数野智史】

 「できるんでしょうかねぇ」。奈良市宝来4のサービス付き高齢者住宅「リールデイサービス宝来」で17日、入居者に軽作業を試してもらう実験があった。参加した女性(81)は作業台の前に腰を下ろしてつぶやいた。この日用意されたのは、吉野産ヒノキのおがくずを巾着状の袋に詰めて入浴用ハーブを作る作業。81~90歳の女性3人が、ハーブを製造販売する「チアフル」(奈良市)の松本梓社長(33)に教わりながら挑戦した。

 開始前に不安を口にしていた女性は、10センチほどのたこ糸を指先で器用にねじりながら、おがくずの入っ…

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文1092文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  4. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火
  5. なぜ暴言を繰り返す物議男が英首相になるのか ジョンソン氏を読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです