セイウチが新元号カウントダウン 「水鉄砲」で得意顔 三重・鳥羽水族館

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
水鉄砲で垂れ幕を下ろし、得意顔のセイウチのツララ=三重県鳥羽市の鳥羽水族館で2019年4月25日、林一茂撮影
水鉄砲で垂れ幕を下ろし、得意顔のセイウチのツララ=三重県鳥羽市の鳥羽水族館で2019年4月25日、林一茂撮影

 鳥羽水族館(三重県鳥羽市)で、セイウチによる新元号までのカウントダウンが行われている。25日は、得意技の「水鉄砲」で垂れ幕を下ろし、「新元号まで残り6日」とアピールした。

 1日に2回のセイウチふれ合いタイムの初めに催されている。メスの「ツララ」が垂れ幕をめがけ、口に含んだ水を吹くと、留めてあった紙…

この記事は有料記事です。

残り117文字(全文267文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集