メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

認知症の高齢者 警察署で保護、一夜明かす例増える 施設不備で不安も

大阪府警北堺署の入り口に置かれた長椅子。夜間に保護された認知症の行方不明者らが夜を明かす=堺市北区で2019年4月18日午後7時34分、小出洋平撮影

 認知症などで行方不明になった高齢者が夜間に保護され、警察署で一夜を明かすケースが相次いでいる。大阪府警によると、昨年は府内で65人いた。ただ署内に高齢者をケアできる宿泊設備はない。長椅子などで過ごしており、健康への影響を危ぶむ声も上がる。夜間に受け入れる自治体は少なく、全国の警察でも基本的に同じ状況だ。都市部を中心に保護数は増えており、今後警察と自治体との連携が課題となりそうだ。

 府警が昨年、道に迷うなどして保護した65歳以上の高齢者は1万176人(前年比493人増)。このうち…

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1120文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです