メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知症の高齢者 警察署で保護、一夜明かす例増える 施設不備で不安も

大阪府警北堺署の入り口に置かれた長椅子。夜間に保護された認知症の行方不明者らが夜を明かす=堺市北区で2019年4月18日午後7時34分、小出洋平撮影

 認知症などで行方不明になった高齢者が夜間に保護され、警察署で一夜を明かすケースが相次いでいる。大阪府警によると、昨年は府内で65人いた。ただ署内に高齢者をケアできる宿泊設備はない。長椅子などで過ごしており、健康への影響を危ぶむ声も上がる。夜間に受け入れる自治体は少なく、全国の警察でも基本的に同じ状況だ。都市部を中心に保護数は増えており、今後警察と自治体との連携が課題となりそうだ。

 府警が昨年、道に迷うなどして保護した65歳以上の高齢者は1万176人(前年比493人増)。このうち…

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1120文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

  2. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  3. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  4. 「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです